旭川ペットボトル中間処理センター

当センターは、旭川市からの委託を受けて一般家庭から出されたペットボトルの中間処理を行っております。
分別収集されたペットボトルは、リサイクルがしやすいよう選別作業で異物を取り除いた後、減容機で圧縮処理して再生処理事業者に引き渡します。

旭川ペットボトル中間処理センター
〒079-8412 北海道旭川市永山北3条7丁目3−1(MAP)
TEL 0166-48-0388

敷地面積:管理棟/125㎡ 工場棟/991㎡
スタッフ:管理部/2名 作業部/9名
計量器:1基(最大30トン・最小10kg)
選別コンベア:1基(幅0.9m、長さ10m)
PET減容器:2基 YB-40P-A(処理能力1時間400kg)
           YB-20P-A(処理能力1時間200kg)

 

発砲スチロール中間処理センター

 

当センターでは発泡スチロールの中間処理(溶融処理)を行なっています。回収された発泡スチロールは弊社の中間処理施設にて減容機、成型機でスチロールインゴットとして成型されます。成型されたスチロールインゴットは製品としてリサイクル業者様へわたり、国内/海外のプラスチックメーカーなどに出荷されます。

発泡スチロール中間処理センター

〒079-8412 北海道旭川市永山北3条7丁目3−1(MAP)

TEL 0166-48-0388

©2019 by ㈱旭川一般廃棄物処理社